青山物産も6年目に入って不動産と人について思うコト

424168_386353141394109_1534966140_n.jpg
■正解にしちゃえ■
福永です。なんとなく時間があったのでつらつらと思ってることを書いてみようかと思いまして。
不動産とか人とか考え方とかそんなことを。
住む場所が人には必要です。
これはいつになっても変わらないでしょう。
例えば住み方の形態(賃貸・持ち家・実家等)は、その先を見据えているのならなんでもいいと思います。そもそも正解なんてなくて、運も含めて自分が正解にする力があるかないかだと思ってます。
状況も変わりますし。
就職・転職だって、独立だって、結婚だって、人付き合いですら、あらゆる決断は最後は自分でするから、とにかく人は「考える」ことが大切だと思うのです。
人の幸せは自分の幸せとは限りません。
どこかから借りてきた枠に自ら入っていく必要はない。
全ての思考の始まりは「正解がない」というところからスタートすることにしています。
時間軸も見据えながら自分の中で正解にする力をつける。
そうすればどうなっても納得できるし悪い方向には進まないような気がしてます。
426611_347984091954565_174237923_n.jpg
■僕らの役割■
さて、ちょっと話を生活や実用の方に変えてみます。
人生において住む家や環境はとても大切です。
かといって生涯で稼げるお金は無限ではありません。
無限ではないと定義するなら、家というものにどれくらいお金を配分する必要があるのか、
また、将来どのような生活をしていきたいのかをしっかり考える必要があります。
家を買うことは目的ではなく生活するための手段です。
もっと言ってしまえば、どこの銀行でお金を借りるかということは手段のための手段です。
リノベーションも一つの手段であり手法でしかありません。
もちろんすごく大切なことには変わりありませんが、大義をしっかり見つめることが何よりも大切だと思います。
大学生は就職活動の前に自己分析を行います。
でも家を購入するときには自己分析はほとんどしていません。
人生においてはどちらの時期も大切で、大きな決断をする前のはずです。
そこをしっかりとサポートするのが、これからの私たちの大切な役割だと思っております。
出会った人が意思決定するために必要な材料や経験は惜しみなく提供します。
その為に日々自分たちの感性や知識を磨きます。
そこに私たちの価値を感じていただければ青山物産は会社として生きていけると思います。
利益を潤沢に留保しているから生きていけるのではなく、人から社会から必要とされる会社が生き残れるのだと思います。
6年目の青山物産およびチームゼロアパをどうぞご愛顧くださいまし。
yuta
↓ブログランキング挑戦中なので応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

ソーシャルシェアボタン

Leave a Reply