IMG_2439

若い頃のもやもや

昨年は、社員全員一人旅をしよう!の年でしたが、きっかけとなったアタカマ砂漠レースから早一年。
月日が経つのは本当に早いな~。はじめて一人旅をしたのは20歳の頃だったかな。

若さゆえの世間知らずもあったと思うけれど、自分の能力の限界を感じて、何か起爆剤になるようなことを求めていたと思います。
『もっともっと俺にはできる事があるはずだ~~~!!!』なんて(笑)

18歳から20歳ってそういう年頃でもありますよね。でも、思いだけが先走って、何から始めたらいいのか分からないし、どうやって物事をすすめていったらいいかも分からない。

もどかしさでイライラする時期。

今でこそ、社会に出るための必要な段階だったなぁなんてちょっとゆとりをもって顧みる事もできますが、当時は、どうやって生きていくか!なんて真剣に悩んだものでした。

真剣に悩むと、ちょっとしたきっかけで、トントントンと物事が進んでいくのも世の常で、20歳の私は、晴れた日にふと青い空を眺め、
よっしゃ、海外行くぞ!と、なぜだかそう決意をしてしまったのです。

海外旅行なんてした事なかったのに。。。

やればなんとかなる!って本当ですね。

やればなんとかなる!というより、やればなんとかする。。。でしょ。僕は。。。
と自分に言い聞かせているような感じもあるかもしれませんが(笑)

やればなんとかするかもしれないけど、やらなければなんもしない。
だから、やっとくか!的な。

結果として、人生初の一人旅も、飛行機や電車で知り合った人、現地で知り合った人々のおかげもあって、一生忘れられない旅、その後の考え方に、大きな影響を与える旅となったのです。

やっぱり人はいいな。
旅は、そんな思いを強くしてくれますね。

オーストリアでの年越しで、子どもたちが作った雪のバーカウンター。
グリューワインが一杯5シリング(ユーロになる前です)
この子たちも、もう20歳前後。

ソーシャルシェアボタン

Leave a Reply