都立大学リノベーションレポート

都立大学のリノベーション現場に行ってきました。

前回はこちら

以前は解体後、墨出しまででしたが、今日は木工事をやっていたので、部屋の輪郭が少しだけ見えました。リノベーションのリズムって、少しずつ完成が見えてくるっていう感じではなく、最後の方に「ドッ」っと完成形が見えてくる印象です。フローリングや設備関係が最後ですからね。

torir01

そんなわけで、電ノコで「ウィーん~」って鳴り響いてました。

torir02

和室側から。これが変身していくわけですから、すごいですよね。

tori3-1

キッチン(上)とデスク(下)の図。
キッチンには窓を造って解放感と、風通しを良くします。デザイン的にもいいですね。
あとは、かわいいお子様の勉強用に机と黒板を造ります。
ケンカしないといいけど。。

torir03

その下地ですね。
またレポートします。

  • yuta
  • 1981年生まれ、二児の父。様々な投資判断が得意です。不動産は自宅と投資物件を2つ保有。マンションの建築年を覚えるのが得意。銀行出身です。

    【保有資格】CPM(米国不動産経営管理士)/ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/相続アドバイザー

コメントする