日光東照宮から金谷ホテルと中禅寺湖

大谷石の宇都宮市まで来たのだから、世界遺産の日光東照宮には行かなくては。

でもその前に餃子ですね。
宇都宮のチェーン店餃子の正嗣に行ってきました。
餃子ライスは、餃子が2皿ついて520円。

専務:餃子ライスに水餃子ふたつ頼みましょうよ!
餃子ライスって既に2皿ついてくるんだけど多くね?
大丈夫ですよ。絶対いけますよ。
俺、最近少食だから、戦力外だからね。小倉と2人で頑張ってね。(相変わらず適当だし!)

なんてやり取りをしながら、3人それぞれが餃子ライスを頼み、追加で水餃子2人前の、合計8枚の餃子を食べることになりました。

餃子は、さすが本場の宇都宮餃子!なのかは分かりませんが、無事に完食。
1人前210円(税込)の餃子は、消費税が10%になっても、価格は据え置かれるんじゃないかという期待感と、もちっとした食感で、大満足でした。

おなかも満たして、いざ、世界遺産へ。
重要文化財や国宝がたくさん。

東京の小中学校では、修学旅行を日光とするところが多いのですが、私の通った学校は2回とも京都大阪でしたので、初の訪問。
ジャンルを問わず、建物を見ることが好きなので、楽しみにしていた訪問先です。

穏やかな空気感が漂う参道から、鳥居をくぐるっと、急に雰囲気変わり、建物の豪華さに圧倒されます。とにかく彫刻がすごい。赤や緑、青、金、白と極彩色に彩られ、境内の雰囲気を豪華なものにしていました。修復が終わった、見ざる聞かざる言わざる。ルーブル美術館のモナ・リザ前のような人だかり。

左から、猿の一生を通した人生の教訓が描かれているそうです。

陽明門。段々になっているのは、斗栱(ときょう)と呼ばれる組物だそうですが、美しいのひとこと。

眠り猫(国宝)。

野外美術館さながらの、素晴らしい建造物と彫刻の数々。彫刻が積み重なって、そのまま建造物になったような、一部なのか全体なのか、フォーカスするところがたくさんあって、不思議な感覚でした。圧倒はされるけれど、なんかふわっとした感じです。

世界遺産を堪能した後は、すぐ近くにある、日光金谷ホテルの見学へ。
現存する日本最古のリゾートホテルは、明治6年6月開業で、登録有形文化財。

コーヒーを飲んで、ロビーで少し寛がせていただいて、中善寺湖へ。

イタリア大使館別邸やイギリス大使館別邸は、残念ながら休館期間でしたが、中禅寺湖と男体山、華厳の滝は、まだ少し雪も残っていて、人もあまりおらず、静かでよかったです。カーブが続くいろは坂の運転は大変ですが、次回は、大使館別邸の開館時期に来たいですね。

帰りは、高速で約3時間。
途中の羽生PAで晩御飯。池波正太郎の鬼平犯科帳がモチーフのPAだそうです。

  • 四方田裕弘
  • 976年生まれ、東京生まれ東京育ちで2人の娘の父です。建物、特に近代建築が好きで、ちょっとした旅行でも近代建築を探し当て、見に行ってしまいます。

    【保有資格】CPM(米国不動産経営管理士)/(公認)不動産コンサルティングマスター/ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士/管理業務主任者/相続アドバイザー