パリの地下鉄

今日は7月に私(福永)が一人旅してきたパリのメトロのお話し。
異国に行ったらまずはメトロに乗ってみるのが、現地の生活を垣間見れる一つの方法。
というよりも、パリ市内(20区)を巡るにはメトロが本当に便利なのです。
pa01.jpg
1~14号線まであるのでこんな路線図を手に入れておくと便利。
番号と色で路線分けされていて、乗り換え駅は約70駅。切符1枚(1.7ユーロ)でどこまでも乗車可能。朝は5:30~深夜は1:00くらいまで。スリも多いので注意が必要です。私は10枚1組の回数券(カルネ:12ユーロ)を買って使いました。結局足りなくなったので買い増しましたが。
改札に切符を通したら、その切符は使えなくなるので必要はないのですが、検札が結構な確率であるのでその時に切符を見せられないと、罰金を徴収されるようなので結局は出るまで持ってました。
僕も3回くらい出くわしました。
1回はモンパルナスからアパルトマンに帰る時の乗り換えの時で、時間は23:30くらいでした。
まぁ、無賃乗車が多いんでしょうね。駅員無視で改札を飛び越えている人や、僕の後ろにぴったりついて改札に切符を入れた瞬間に一緒に入ってくる人もいました。これは確か4番線の「Barbes Rochechouart」っていう駅でした。この辺はあんまり治安が良くなさそうです。
pa02.jpg
メトロの入り口。これは12番線のアベス駅。結構古い入口らしい。「Metropolitain」・「M」・「Metro」のどれかで表示がある。
pa03.jpg
これはマドレーヌ駅の地下鉄ホーム。なんとなく色合いが良くて撮影。
ちなみに全部iphoneで撮影しているのであまり画質が良くありません。
pa04.jpg
車両です。ドアは古い車両だと勝手には開きません。手動です。
出口付近に人が立っていたら「パルドン」と言ってレバーをクルっと引きあげて開けます。また、自分がドアの前に立っていたら開けてあげたりします。
ちなみに、レバーを上げるとまだ電車が完全に止まってないのに開いたりするのでびっくりします。
pa05.jpg
楽器を演奏している人もいます。これはパリ市が公認した人たちです。
結構高い確率で乗って来ます。僕は結構好きです。
また、人種のルツボと言われるパリですが様々な人種が生活しております。
pa06.jpg
ボックス席でくつろぐ女子。隣にはワンちゃんも乗ってました。
でも、お年寄りが来たら笑顔で足をおろして席を譲ってましたよ。
東京とパリ。良いとこ悪いとこ。
物事は全て両面ある。
両方が真なり。
yuta
↓応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

  • 四方田裕弘
  • 1976年生まれ、東京生まれ東京育ちで2人の娘の父です。建物、特に近代建築が好きで、ちょっとした旅行でも近代建築を探し当て、見に行ってしまいます。

    【保有資格】CPM(米国不動産経営管理士)/(公認)不動産コンサルティングマスター/ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士/管理業務主任者/相続アドバイザー

コメントする