岡本民家園にぶらり

200903251314000.jpg
東急田園都市線二子玉川から歩いて30分くらいでしょうか。
世田谷区岡本というところがあります。
ここは、自然も多く都会のオアシス的な雰囲気もあり、
駅から遠いのに根強く人気のある地域です。
その中でシンボルとなっているのが岡本民家園です。
自宅から歩いて行けるので読書をしに行ってきました。
世田谷区のウェブサイトによりますと「江戸時代後期の建物で、喰違い四ツ間取り形式の民家だそうです。この長崎家は、村の民政を行っていた村方三役の一つ、百姓代を勤めていた家でした。」とのことです。
このような昔からの情緒あふれる風景をどれだけ残していくことができるのかが
東京の資質かなと思う今日この頃です。
yuta

  • 四方田裕弘
  • 976年生まれ、東京生まれ東京育ちで2人の娘の父です。建物、特に近代建築が好きで、ちょっとした旅行でも近代建築を探し当て、見に行ってしまいます。

    【保有資格】CPM(米国不動産経営管理士)/(公認)不動産コンサルティングマスター/ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士/管理業務主任者/相続アドバイザー

コメントする