遠藤新設計、加地邸に行く(前編:北鎌倉)

福永です。
先日、遠藤新(アラタ)が設計する、加地(カチ)邸を一般公開するということで四方田と二人で、朝から行ってきました。

僕らは車を持っていないので、いつもカーシェアリングかレンタカー。鎌倉や逗子、葉山ならナビは要らないというか、ないほうが楽しめますね。

建築の公開時間は13:00~16:00ということで、まずは北鎌倉でも散策しようということになりました。車を停めて浄智寺あたりを散策することにしました。

DSCF4827.jpg

DSCF4828.jpg

DSCF4831.jpg

萌緑で、木漏れ日と鶯の鳴き声がとても心地よく、「良い気の流れ」はあるのだなと感じます。

DSCF4832.jpg

参道を歩き進めていくと何やら面白そうな雰囲気。

DSCF4840.jpg

そこで見つけたのが、浄智寺の参道奥にある「たからの庭」です。

ここは鎌倉古民家バンクという団体が、「みんなの古民家」というコンセプトで運営しているそうです。陶芸教室や、ギャラリー、カフェなどが鎌倉の文化やアート、生活スタイルの発信拠点として入居しておりました。

DSCF4833.jpg

DSCF4835.jpg

DSCF4839.jpg

DSCF4836.jpg

ここで、朝のお茶を。

こんな時はいつも、「北鎌倉で暮らしてみたいね」とか話が始まりますが、結局程よい距離感が一番いいんじゃないかねというところで落ち着きます。

温泉なんかもそうですよね。温泉付のマンションよりも、たまに行く温泉がありがたい。使用頻度と所有欲と経済的な問題と。。

所有したらそれはそれで煩わしいことも多い。

車を持たないのもそんなとこなのかな。

所有価値よりも使用価値。不動産にも言えたりするのかもしれないけど、こればっかりは人の価値観だから仕方がない。
ただ、個人的には「持たないことが正しい」という論調はあまり好きではない。

そんなわけで、加地邸にはまだ辿り着いてないけど、長くなりそうなのでまた次回。

  • yuta
  • 1981年生まれ、二児の父。様々な投資判断が得意です。不動産は自宅と投資物件を2つ保有。マンションの建築年を覚えるのが得意。銀行出身です。

    【保有資格】CPM(米国不動産経営管理士)/ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/相続アドバイザー

コメントする