赤坂迎賓館

先日、ふらりと夜の東京を散歩がてらに赤坂迎賓館に行ってきました。
内閣府のホームページなどによりますと、元々は明治42年に東宮御所(皇太子の住まい)
として日本人の手で建てられた洋風宮殿ですが、あまりに豪華過ぎることや、
住まいとして使いにくかったことから、あまり使用されなかったようです。
豪華過ぎるのも考えものですね。
戦後、訪日される賓客が増えたことから昭和49年、迎賓施設として生まれ変わりました。
その際、迎賓施設としての改修工事に5年の期間と108億円(工事費101億円、家具等製作費7億円)の費用が掛ったそうです。
そんな豪華な迎賓館の一般参観(抽選)が平成21年より再び7月から8月にかけて10日間
実施される予定です。(詳細は4月下旬から5月上旬頃にお知らせするそうです。)
詳しくはこちら→ http://www8.cao.go.jp/geihinkan/index.html
私も応募して一度は豪華・華麗な内装をこの目で見てみたいものです。
DSCN0957.JPG
ogu

ソーシャルシェアボタン

Leave a Reply