中古マンションエージェントの意義

先日、弊社より中古マンションを購入されたお客様の、リフォームが完成したので、
お引き渡しのため、新居にお伺いさせていただきました。
ご紹介により、弊社にお問い合わせをいただいた方で、
お勤め先が用賀ということで、用賀駅周辺で
ご予算は、物件価格+諸費用+リフォーム費用の合計で3,000万円というご要望でした。
初めてお会いしたのは12月中旬です。
予めご要望を承っていましたので、
まず、ご要望に合う物件の販売図面をメールにてお知らせし、
その中から、いくつか物件をピックアップしていただき、ご案内させていただきしました。
弊社では、日ごろから、住まい選びについて議論します。
「立地が優先」か「建物(間取り)が優先」か。
先日も、リクルートの不動産事業部の方々と熱い討議をしてまいりましたが、
なかなか、答えは出ませんね。(笑)
住まい探しの主役は、購入を検討されているお客様。
お客様によって、好きな街の雰囲気やライフスタイル、いいなと思うポイントが変わるのですから、「立地の良し悪し」や「建物(間取り)の良し悪し」はお客様によって変わり、優先順位も自ずと変わるというのが自然な考えですね。
もちろん、修繕履歴、管理体制の良し悪し等、客観的に診る良し悪しは、別です。
こちらのお客さまも、当初は用賀駅周辺で、
徒歩や自転車で通える立地をご希望されていましたので、
まずは、用賀駅周辺の物件情報を、定期的にご送付させていただきましたが、
なかなかこれぞという物件がありませんでした。
何回か内覧をご一緒し、お客さまの住まいに対する考え方や、好きな街の雰囲気等、
いろいろと世間話をするうちに、一度、桜新町、上町、上野毛、尾山台、千歳船橋、成城学園前とエリアを広げてみて、徐々に絞っていこうという事になり、その中で見つかったのが、ご購入された上町の物件です。
最初にこちらの物件をご案内させていただいた時には、価格が2700万円台でしたので、
予算内におさめることは難しいかな。。。という思いもありましたが、
弊社でお世話になっている、リフォーム会社の藤原さんや先方の担当者の方のご協力もあり、初めてのご案内の日次の日に、藤原さんに確認してもらい、その次の日には、見積もりという速さで予算内で可能なリフォーム内容を知ることができました。
お客様の希望されるリフォーム内容の見積もりが出たことで、
購入価格の上限を算出し、購入申し込みをし、
売主様側の担当者様のご尽力もあって、無事に当初の予算内でお引き渡しまで至りました。
お客さまも、初めに物件をご覧になられた際には、
価格から、購入は無理だろうと諦めかけていたそうですが、
リフォームの見積もりを見て、もしかしたら購入できるかも!と希望が出てきたそうです。
リフォーム等の提案がなければ、諦めていました。
早々に提案してくれてよかった
と、お言葉をいただいた時は、本当に嬉しかったです。
仲介して終わりではありません。
実際に生活されて不具合等や気になることがありましたら、いつでもご連絡ください。
専用庭の梅の花がきれいに咲いていましたので、撮りました。
梅の花.jpg
yasu

ソーシャルシェアボタン

Leave a Reply